血や肝臓などに関しまして演習を通じていました

血などについて勉学しました。血の総量はウェイトの13分の1で、その90%が頻度しています。血しょうはボリュームで血の約55%になります。血管の長さは、全体で97000kmにもなります。からだの各部の役所の細胞の周囲は、役所液でみたされてある。血で運ばれた酸素・栄養素は、役所液をなかだちとして細胞に与えられます。役所液は、血しょうがしみ出たものでリンパ管に入ってリンパになります。次は肝臓にあたってだ。肝臓は、肝小葉と呼ばれる初め別からなり、1個の肝小葉は約50万個の肝細胞でできてある。肝臓の行いの1つ目は、尿素の調合だ。タンパク質の分解商品として生じたアンモニアを、毒性の少ない尿素につくり変えます。次は、胆液の調合だ。胆液は、せっけんのように脂肪を可愛い粒として、水という混ざり易く決める。胆液は同時、胆のうに貯えられます。3つ目は、グリコーゲンの貯蔵だ。血インナーのブドウ糖をグリコーゲンとして貯えます。息が活発になると、グリコーゲンはブドウ糖として血中に克服されます。心から勉強になりました。キレイモ 月額