姪っ子から西野カナさんのアルバムを借りました。

先日、小学生の姪っ子から西野カナさんのアルバムを貸してもらいました。姪っ子が大好きな歌手です。それまでは、なんとなく聴いたことがある程度でした。じっくり改めて聴くのは今回が始めてです。主婦になってから、家事と育児と仕事の両立が難しくて、なかなかゆっくり曲を聴こうなんて思うことがありません。若い頃はよく曲を流しながら部屋の中でくつろいでいました。勉強中でも曲が流れていないと、なぜか集中が出来ませんでした。いつも親から、勉強中は曲を流すなと怒られていたことを思い出します。それぐらい身近に音楽がありました。好きな歌手が出す新曲の発売日をカレンダーにマルを付けて楽しみにもしていました。懐かしい思い出です。西野カナさんの曲を聴いて思ったのは、人気があるだけに曲が素晴らしいです。恋とかとっくの昔の終わってしまった私でも、キュンキュンしました。特に「トリセツ」が良かったです。ある!ある!って言いながら聴けました。私があと20歳若かったらもっと共感できただろうな〜。なんて思いながら楽しく聴いていました。