よし、新しいドアを開けて、素敵なことがまってるかも

本、コミックとも大好きな「狼と香辛料」。もちろん、本は全巻保持読了済みだ。
今年は本刊行から10周年のおみやげとして、短手直しが電撃文庫MAGAZINEに連載罹るというため、今まで購入した仕事場のなかったこういうニュースを手に入れました。やはり、安定の狼と香辛料であり満足しています。
「あんな訪れパーソン乏しいよ」という当初から「あれれなにこれって」て想うはなしが展開されていきます。とても、長く連絡不通だった個々に再会して現況を教えてもらっているかのような体感でした。ちょぴり大人になったロレンスがそれでも、ホロの手の平の上で転がされているのが可愛らしいだ。
物語の中で生きているホロとロレンスを感じて、何よりコミックも3期が見たい衝動に駆られてしまいした。
メインの狼と香辛料を読み終わって、せっかくだから、最近の本や、アニメを見てみたくなり大勢読みました。興味を引かれた産物、そうではない産物充分ありましたが、単行本一冊程度の単価で色んなものが読めたので、楽しかっただ。単行本も購入してみたいと思う産物もありました。
今までは、おんなじアーティストくんの産物ばかりにゆがみがちだったので、新しいアーティストくんの正式も読んでみたくなっていらっしゃる。